憧れる式

見つめ合う花嫁と花婿

ウエディングドレスを着てチャペルでの結婚式に憧れる花嫁も多くいる中で、やはり伝統を大切にした和の結婚式を挙げたいと考える花嫁も多くいるようです。和婚を考える場合は、神社での神前式が代表的です。どの神社も、結婚式したい日が空いていれば大抵受け入れてくれることでしょう。 神前式は、一般の挙式会場やホテルですることもできます。チャペルもあり、神前式のできる会場もあるという式場は大変多いものです。しかし、神社のほうがやはり本格的で伝統的な式があげることができるでしょう。 ホテルや式場の場合は、天候に左右されない、移動が楽、他の参拝者に見られることがない、などというメリットもあります。 何を優先するかが大事です。

日本人に生まれたのなら、日本人らしく最高の時を迎えたい、と思う女性も多いようです。やまとなでしこに憧れる女性は多くいます。白無垢を着てみたい、荘厳な雰囲気の中で結婚式を挙げたい、そういった理由から神前式を望む人も多いのです。 また、家が伝統や格式を大切にしている、日本文化に携わっている、というような場合も、本人の意思とは関係なく、神前式になる場合が多いようです。 神前式には、チャペルでの式のような華やかさはありませんが、いろいろな儀式があり、その儀式には一つ一つ重みが感じられます。誓いも男性が読みあげます。チャペル式では、一言二言発するくらいですが、神前式の場合はしっかりと男性が言葉を発するので、それがいいという人もいます。 女性は女性らしくしとやかに、男性はより男性らしく映るのです。